日本建設工業株式会社 サイトポリシーサイトマップ

会社案内事業内容最新情報お問合せ
ホーム >> 事業内容 >>NIKKENの万能構造

  ■NIKKENの家(万能構造)のご案内
エンジニアード・ウッド(構造用集成材)
メタル・ジョイント(金物工法)
モノコック構造(床・壁パネル)
門型ラーメン工法
スケルトン&インフル
耐震実験

ニッケンの家(万能構造)のご案内
お家のことたくさん心配してください
特許 第2715220号
安心して長く快適に暮らすことのできる住まいとは、あらゆる被害や災害を防ぎ、家族の安全と健康をしっかり守らなければなりません。そのためには、どんな住まいがよいのでしょうか?

1.地震に負けないお家
地震の多い昨今、その被害は少なくありません。今後も大きな地震が予想される中、家族みんなが安心して暮らすためには、まず、頑丈な構造体であることが重要なポイントとなってきます。
2.台風でビクともしないお家
耐風設計をきちんとしていない家は、強風が吹きつけた場合、屋根や外壁に損傷がでてしまいます。
これでは安心して住める家とは言えませんよね。
地域に合わせた耐風設計で安心の強度を確保することが必要となります。
3.欠陥のないお家
建築の際に、見過ごされたほんお小さな問題が、住まいはもちろん、人の健康や生命までをもおびやかすことになりかねません。このようなことが起こらないように、きちんとした施工手順と工法を明確に知る必要があります。
4.シックハウスにならないお家
建材や壁紙などに含まれるホルムアルデヒド等の化学物質が、シックハウス症候群のもととなり、人の健康をおびやかす住まいになりかねません。そうならないためにも、建材は人の健康を考えたものを選ばなければなりません。

ずっとずっと永く、安心・快適に暮らすことができる家は、住む人にとって理想的な住宅といえます。『安全』『品質』『環境』のことを第一に考えた家づくりを心がけています。家族みんなが安心して永く快適に住める家。『P&G-MJシステム』が理想の住まいを実現します。
ページトップへ
 
エンジニアード・ウッド(構造用集成材)
優れた強度の集成材
割れやねじれなどを防ぐ、均一化された優れた強度の集成材エンジニアード・ウッド。 木の良い所だけを集めて何層も貼り合せています。乾燥もバッチリしているから、安定した強度が保てます。
①集成材(木)は軽くて強い。同じ重さの場合、4~5倍も強い。
②鉄よりも、火や熱にとても強い。集成材は1000℃以上でも燃えにくい。
地震や火災がおきても、被害を最小限におさえるとても優れた構造材です。
ページトップへ
 
メタル・ジョイント(金物工法)
木と木をしっかり繋ぎ、構造体を美しく仕上げるメタル・ジョイント。

①接合強度が一般従来工法の約1.5倍もあります。
②木と木が組まれると金物はみえなくなります。

check
①メタル・ジョイントで施工した場合の構造材の仕口の断面欠損率は一般従来工法に比べ、約1/4と極めて低く設計されています。 ②車の錆び止めと同じ塗装を表面にしているから、腐食しにくく、錆びにくくなっています。
ページトップへ
 
モノコック構造(床・壁パネル)
壁や床が一体化した頑固な構造体
床や壁が一体化した強固な構造体モノコック構造

①構造が一体化しているから地震や台風に強い造りになっています。
②壁・床が一体化した「モノコック構造」は家にかかる力を分散させて暖和します。
check
①基礎パッキンが、家を基礎から浮かせ、自然の風の動きで床下を換気する構造です。
②土台は、シロアリなどの害虫に強く、耐水性に優れ、腐りにくいベイヒバを使用しています。
③分厚い構造用合板を直接張っていく剛性床ですので、ねじれや、歪みが起きづらくなります。
ページトップへ
 
門型ラーメン工法
大空間を木造住宅で実現できる工法
広々とした大空間や大開口が木造住宅で実現できる門型ラーメン工法

①太い柱と大きな梁を特殊な金物で接合しているから、壁やパネルや筋交いがなくても地震に耐えられる構造です。
②その為、柱や壁が従来の工法よりもずっと少なくすみます。
check
①広々としたリビングや、ビルトンガレージも可能になります。
②1階を駐車場にすることもできます。この工法なら駐車スペース用の土地が必要ないから広い居住空間を確保できます。
ページトップへ
 
スケルトン&インフル
成長に合わせた間取りを自由にできる工法
家族の成長に合わせ、間取りを簡単に自由に変更できるスケルトン&インフィル100年以上の寿命建築を目指したスケルトン&インフィルならではのフレキシブなプラン。
ページトップへ
 
耐震実験
連続5回の巨大地震波にも耐え驚異的な耐久性能を実証!
公開実験は、マスコミや大学教授など有職者立会いのもと、大勢の見学者に見守られながら、兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)・新潟県中越地震など、日本で発生した過去最大級の巨大地震の再現地震波を加振させ、建物が衝撃を受けた際の被害状況を検証しました。 木材や金物の損傷もなく、5回に及ぶ巨大地震波に対して倒壊しない強固な構造躯体であることが証明されました。
ページトップへ